データでみる

老人

国保中央会介護伝送ソフトの利用方法

近年、少子高齢化に伴い、年々介護者が増加しています。その介護者へのサービスを提供する介護事業所も年々増加してきています。介護事業所は、毎月介護サービスに関する介護報酬請求を国保中央会へ報告します。国保中央会は自治体からの委託に基づき、国民健康保険と介護保健事業を運営しています。 介護報酬請求の明細等のデータを国保中央会へ送信するための専用ソフトが国保中央会介護伝送ソフトと呼ばれるものです。一般の介護支援ソフトの中にもこの伝送機能を有したものもありますが、伝送機能単体のソフトもあります。利用料も通常の介護システムよりかなり安価です。利用の申し込みは国保中央会へ申し込み事で可能となりますので簡単にお申し込みができます。

平均的な利用料と今後の需要

国保中央会介護伝送ソフトの利用料は数万円が平均とされています。これは、伝送機能のみなため、かなり安価となっています。通常の介護支援ソフトでは、伝送機能と日常の介護事務支援が複合的にソフトに組み込まれていることが多いため、かなり高額な場合が多いようです。 事業所ごとにその事務量は異なることから、国保中央会介護伝送ソフトのみで十分という事業所も中にはあります。国保中央会介護伝送ソフトのみの利用であれば、それほど経費はかかりません。また、ソフトの更新等も国保中央会のホームページで確認できますので非常に便利です。 介護事業所は、今後の少子高齢化に伴い、更に増加していくことが予測されます。それに伴い国保中央会介護伝送ソフトの利用も増えていくでしょう。

オススメ記事

看護師

需要の高い仕事

少子高齢化社会となっている現代では介護職の需要が高まっており、人手不足の状況となっています。そのため全国各地で求人募集を行なっており、自分の働きたいエリアや職場で働くことが出来るため自由度が高いと言えます。

ナース

メリットが多い

介護の仕事と言えばあまり良くない印象を持っている人が多いのですが、実際はメリットも多く存在するので知っておくと良いでしょう。また、職場を探す場合は求人募集を行なっているところのサイトを確認したり、先輩スタッフのコメントを見ておくと職場選びに失敗しないと考えられます。

看護師

注意すべきポイント

介護の仕事に就く場合、自宅から近いからという理由で選ぶ人は少なくありません。しかし、自分に合っていない職場では長続きがしにくくなってしまうので、自分に適した職場を見つけるために注意すべきポイントを知っておくと良いでしょう。